綺麗な口元

オルビスUでアンチエイジング!

ここ最近オルビスUの宣伝がガンガン私に訴えかけてきて、バナーのデカさのすごいことったら。とうとうオルビスUトライアルセットなるものを買ってしまいました。

実は私37歳なんですけど、1年ほど前から宇津木流スキンケアっていうのを実践してたの。メイクは基本ポイントメイクのみ、ファンデは使わず軽くお粉をはたく程度。メイク落としは使わず無添加せっけんで優しく洗う、その後の化粧水やら乳液やらは一切つけない。これだけ。これで肌が若返るという理論なの。1年程してたんです。勇気あるでしょ。

肌は少しキメが整ってきた感じはあるんだけど、でも肌のくすみとかハリとか、シミとかそういう年齢肌のお悩みはまったく消えなかったの。それであのオルビスUのバナーに食いついたワケ。

結果からいえばオルビスUトライアルセット、全て現品買いしてしまいました。なんかねお肌がねピンとしてるのよ。パツンと。朝起きると状態が良いの。一番良かったのは巷でブースターと言われる導入美容液。ウォームアップセラム。これがすごいんですよ。ハリというか弾力というか、初めてブースター使ったので他のと比べようがないんだけど、大のお気に入り。4000円だからちと高いけどね。

オルビスUライン使いで私もアンチエイジングデビュー、だわ。-5歳!ムリかな

パンダ目の防止術メイク


私は奥二重なので、長いことパンダ目に悩んできました。
いろんな「にじまない」「落ちにくい」メイク用品を使ってもどうしても夕方にはパンダ目になってしまうのです。
雑誌やネットで調べて、パンダ目になりにくいメイク術を考えて、今は夜になってもパンダ目にはなりません。

まず、メイク前に洗顔して化粧水をつける前にまつげ美容液をたっぷりつけます。
まつげを強く育てる目的とマスカラ下地の代わりにもしています。
化粧水をつける前にまつげ美容液をつけるのはビューラーを使う時に乾かしておきたいからです。

アイラインはペンシルタイプを使っています。
リキッドタイプはウォータープルーフを使ってもにじむことが多く、奥二重なのでペンシルの方がよれないです。
目の際に丁寧にアイラインをひいて、黒目の上あたりのみに、まつげの間を埋めるようにラインを入れています。

ラインを太くひくとにじみやすくなり、パンダ目になりやすいので、細くひきます。
目ヂカラを強くするため、濃いブラウンのアイシャドウを太めに入れ、薄いブラウン、ゴールドとグラデーションを作っていけば、十分に印象的な目元になります。
ゴールドのアイシャドウを下まぶたにつけておくと、パンダ目防止になりますし、目が大きく見える効果もあっておすすめです。

ビューラーでしっかりまつげを上げます。
ナチュラルな感じで仕上げようと、中途半端に上げると、まばたき等でまつげが下まぶたについてマスカラが落ち、パンダ目の原因になります。
まつげ美容液が乾いてから、しっかりとまつげを上げるとカールがキープでき、下まぶたにつきにくくできます。

すべてメイクをして、前髪のスタイリング等をし終わったら、マスカラが乾いていることを確認して、もう一度まつげ美容液を塗ります。
マスカラのダマを取るように、少し横にずらしながら美容液をつけるとしっかりつくし、マスカラがナチュラルな雰囲気になります。
まつげ美容液がトップコートの役目をしてくれるので、マスカラが下まぶたにつきにくいです。

朝メイクをして出かけて、夕方パンダ目になると悲しいですよね。
夕方に見る鏡を怖がらないですむように、このパンダ目防止術はおすすめですので、ぜひ試してみてください。

ナチュラルメイク


私はメイクが大好きなのですが、特にナチュラルメイクが好きです。
メイクの面白さは「メイクでこんなに顔が変わるんだ」でもありますが、隠し技のような少しの手間で、自分の顔を生かしながら綺麗になれるととても楽しいのです。

私はファンデーションではなく、BBクリームを使っています。
ナチュラルに仕上がりますし、特に韓国ブランドを使うと、肌のキメが細かくなりスベスベになります。
テクスチャが固めのものもあり、伸びが良くないと感じたら、乳液などを少量まぜて使うとよいです。
BBクリームはほんの少量を塗らないと、顔の色がくすんだ色になってしまうので注意が必要です。

BBクリームの上にはフェイスパウダーをのせるとテカリ防止になりますし、肌がサラサラしてきます。
パウダーはほんとに重宝していて、チークを塗った上や、アイシャドウの上にのせるとナチュラルになるので、一番なくなりやすいです。
目元はよれやすいので、BBクリームもパウダーも薄くつけるようにしています。

マスカラはブラウンのセパレートタイプを使っています。
黒色だとマスカラを塗ってる感じがするので、ブラウンの繊維なしのもので、自然な感じを目指しています。

唇には、口紅ではなく、リキッドルージュにしています。
グロスよりテクスチャが固めで塗りやすく、発色が良くしっかりしています。
少しキラキラしているのですが、色が落ちついているので、会社でも使えますし、唇が潤うので、薬用リップがわりにトイレで塗っています。
薬用リップをつけていた頃より、唇の調子がいいです。

つけまつげしたりも楽しいですが、三十代になったら引き算メイクが合うと思うのです。
もっとナチュラルメイクを追求して、メイクをしていないかのようなメイクをしたいです。


目を大きく見せる為の工夫

私は、決して目が大きいタイプではありません。写真をスッピンで撮ると、なんだかいつもボヤッと写る自分の目元が嫌で、中学生の頃までは写真があまり好きではありませんでした。そして、高校生くらいからメイクの研究をし始め、わざとらしくなく、目を大きく見せるメイク法を自分なりみ編み出しました。
まず1つ目はブラウンシャドーです。日本人は目が黒または茶色なので、青やパープルといったアイシャドーは不自然に見えてしまうメイクと雑誌で拝見しました。なので、使用は避けています。そしてブラウンシャドーは一番日本人に肌に馴染み、ホリの深い顔立ちを演出する万能アイテムなんです。二重の深い部分には濃い目のブラウンを入れて、また目じりにも同じ濃い目の色を入れる事で一気に目周りに立体感が出て、少し垂れ目のホリの深さを演出出来ます。
そして、2つ目はアイラインです。これは目を大きく見せる為の必須アイテムです。私がやっている方法は囲みメイクなんですが、目の上はリキッドタイプで少し太めに書き、目尻は自分の目元よりもはみ出して描きます。これで目幅を広く見せて目が大きく見えます。そして、上まつ毛の裏側にインサイドライナーを入れる事で、目に陰影がつき、自然なでか目効果を演出できるのです。そして目の下はペンシルタイプで書く事で、キツい印象を与える事なく、柔らかい大きい目を作り上げられます。
最後に、最近発売されている自然な地毛っぽいつ毛まつ毛で仕上げれば完成です。この方法で、目を2倍くらいに大きく見せる事が可能になります。

美容に丸1日かけた。

作家の蝶々さんが美しさにかける日を1日ぐらい作ったほうがいいわよ。と言っていたので、三十路手前の私も日曜日を自分の美容のために使うことにしました。まず朝起きるとジムに行きます。二時間くらいゆう酸素運動と全身の筋肉を鍛えます。帰宅してリンパマッサージ。リンパマッサージは本を読んで独学で覚えました。太もも、二の腕、お腹をマッサージしてついでに痩せるツボを押します。次はお風呂に入って全身にスクラブを塗ってマッサージします。顔にもスクラブを塗ります。使っているのはラッシュの「ビーナス誕生」です。スクラブでオフしたあとはボディクリームを塗ります。そのあとはネイルです。いつもセルフネイルで、キャンメイクのマニキュアを使っています。ネイル用美容液を爪に塗ったあとマニキュアを塗って仕上げにトップコートを塗ります。動物実験を行っていないキャンメイクのマニキュアは値段もお手頃で乾きがとても早いのでマストアイテムになっています。ネイル用美容液は柑橘系の香りがしてとっても潤います。終わりにムダ毛
処理をします。もうすぐ30代だし、アンチエイジングのためにも1日くらいは美容にかける時間を作るのも私は必要だと思います。


美容整形・脂肪吸引なら|大阪心斎橋コムロ美容外科クリニック

日頃のお手入れこそ大切です

透明感のあるキレイなお肌、つるんとしたゆで卵みたいなスベスベになれたらと思っています。 お肌に関することでいいところ、他の人よりすぐれているというコトもないですが便秘体質でないのと、肌の色がやや白いところが長所でしょうね。 老廃物や不要なものを排出しておくのはキレイなお肌の基本、身体の中の流れもスムーズで健やか、お腹のもやっと状態がなく…

私のサプリメントはコレ一つ!

巷には数多くのサプリメント。何が自分にあっているのか、効果は期待できるのか?というのは今自分に不足しているものから考えなくてはいけません。しかし、身体の中身は見えるものではありません。ということで、私はまず、目に見える場所で効果を感じようと色々と調べてみました。今回はお肌の大敵、ニキビによく効くサプリメン…

私の最近のお気に入り美容法

年齢を重ねるとどんなに美しい人でも重力には逆らえず、フェイスラインも弛んでくるのではないでしょうか?美容ローラーで引き上げたりするのも一つの手だと思います。実際私も使っています。でも身体が歪んでいては結局どんなに美容ローラーで引き上げたお顔も長くキープできないような気がします。そこで考えました。身体の歪みをまず整えてそれから美顔に取り掛かると良いのでは…

太りたくない!

太りたくない!そう思ってる人、多いですよね。私もそうです。太らないためにどうしたら良いか、わかっていてもできないこともありますよね。そう、運動とか!運動はどうしてもできません。移動は基本車出し休みの日も引きこもりがちで、動物園とかいくと筋肉痛になります;それでも心がけていることはむ…

TOP